FC2ブログ

イラストレーター松尾達のチラシの裏

イラストレーター松尾達のブログです。
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画
CATEGORY ≫ 映画
      

【映画観た】ベロニカは死ぬことにした

bero.jpg

「ベロニカは死ぬことにした」を観た。Huluテレビで。
Huluテレビ便利なんだけど、もうちょっと映画のレパートリーを増やしてほしい。
海外ドラマとかはべらぼうに多いんだけれど。

以下感想。ネタバレ含む。


ざっくりとしたストーリーは、自殺を図るも死にきれず精神病院に入れられた女性(真木よう子)が、
患者や医師とのふれあいを通じてもう一度生きようとする話。

あんまり面白くなかった。話の筋的にも大きなひねりも無く無難に終わった感じだった。

唯一のひねりらしい「余命一週間の嘘」も、肝心の真木よう子がピンピンしすぎていて
嘘が(視聴者に)バレバレだった。ラスト5分でやる種明かしにしてはインパクトが弱すぎた。

どうせバレバレにするなら
「実は真木よう子以外の患者は、全員患者を装った病院のスタッフで、病院ぐるみで真木よう子を救おうとしていた」とか
そのぐらい大きな展開があっても良かった気がする。

あと時々入ってくるCGの安っぽさにも萎えた。
(霊体ががびゅんびゅん空を飛んだり)

散々なことばかり言ったけれども
真木よう子は色っぽくて美人だなあと思った。

それだけだなあこの映画。




ベロニカは死ぬことにした
監督 堀江慶
脚本 筒井ともみ
原作 パウロ・コエーリョ
出演者 真木よう子 イ・ワン
風吹ジュン 中嶋朋子 荻野目慶子
市村正親
公開 2006年2月
スポンサーサイト